このコーナーでは、ダイヤモンドの「4つのC」に関して記載しております。
厳正中立の鑑定機関の指定をお勧め致します。当店では中宝研、全宝協、DGL、AGT等をお勧め致します。
ご購入のご参考にしてください。疑問・ご質問はお気軽にメールでどうぞ!
 
「4つのC」とは?
美しいダイヤモンドとは、透明性が高く、輝き、七色の分散光、きらめき、姿かたちの調和が取れたものです。でも宝石を見分けるのは難しいものです。ジュエリーを購入するのは信頼の置けるお店を選ぶことは大切です。
さらにダイヤを見分ける時の目安になる「4つのC」を知っていればダイヤを選ぶときにかなり有利と言えます。
「4つのC」とは、カラット(Carat)、カラー(Colour)、クラリティ(Clarity)、カット(Cut)の頭文字をとったものです。
「4つのC」はごまかしがありません。「4つのC」が一致した商品は必ず同等品です。色んなお店の価格を簡単に比較できますから、品物と価格が適正かどうかよく見て、かしこくお買物してください。
それでは、ひとつずつについてお話しましょう。
カラット(Carat:重量)
たいていの宝石の重量はメトリック・カラットを単位として測定されます。記号「ct」で表されている数字がその石の重量 を表しています。大粒の石はとても貴重です。
電子キャラット秤を使い○.○○○ctとコンマ3桁まで読み取ります。
重量単位はcaratで1ct=0.2gです。
※下記の表はブリリアント・カット(標準カット)のダイヤモンドの大きさ目安です。

カラット数 ダイヤの直径 カラット数 ダイヤの直径 カラット数 ダイヤの直径 カラット数 ダイヤの直径
0.005ct 約1.0mm 0.07ct 約2.7mm 0.40ct 約4.8mm 1.25ct 約7.0mm
0.01ct 約1.30mm 0.10ct 約3.0mm 0.50ct 約5.2mm 1.50ct 約7.4mm
0.02ct 約1.72mm 0.15ct 約3.4mm 0.65ct 約5.6mm 1.75ct 約7.8mm
0.025ct 約1.8mm 0.20ct 約3.8mm 0.75ct 約5.9mm 2.00ct 約8.2mm
0.033ct 約2.0mm 0.25ct 約4.1mm 0.85ct 約6.2mm 2.25ct 約8.6mm
0.05ct 約2.5mm 0.33ct 約4.4mm 1.00ct 約6.5mm 2.50ct 約9.0mm
カット(Cut:カット、研磨など仕上がり)
ブリリアント・カット時のプロポーションの評価です.。
プロポーション(形)とフィニッシュ(仕上げ=対称性と研摩状態)を基に総合的に決定されます。
エクセレント(EX).ベリーグッド(VG).グッド(G).フェア−(F).プアー(P)の順の評価です。
更にEX以上のカットとしてハート&キューピットEXと、その上のハート&キュ−ピット トリプルEXがあります。
ハート&キューピットエクセレントとは?
ダイヤの命は、その輝きにあります。カットの評価によるエクセレントはもちろんクリアーし、その上で上下アライメント等を追求いていくとフェイスアップでは8本の矢(キューピット)と、パビリオンからは8個のハートが確認されます。
ハート&キューピットトリプルエクセレントとは?
上記のハート&キューピットエクセレントの中で、フィニッシュのシンメトリー(対称性)とポリッシュ(研摩状態)がエクセレントの評価を得たものを、ハート&キューピットトリプルエクセレントと呼びます。
数少ないトップレベルのカッターにより、精魂込めて作られたEEEは、究極のカットと言えるでしょう。
 
Heart & Cupid
Triple Excellent
Heart & Cupid
Excellent
Excellent Very Good Good Fair Poor
ハート&キューピット
トリプルエクセレント
ハート&キューピット
エクセレント
エクセレント ベリーグッド グッド フェアー プアー
カラー(Colour:色)
一見きれいな透明に見えるダイヤモンドも詳しく調べればわずかな地色があるようです。色と言ってもわずかな差で、無色にどれほど近いかをアルファベットのDからZまでに分けて表示されています(Z以下の石はファンシーカラーに分類されます)なかでもD・E・Fにグレードされる石は無色で、肉眼で見分けられないほどです。
 
カラーのグレーティングはD〜Zまであり、マスターストーンを使い肉眼でチェックいたします。
D E F
G H I J
K L M
N O P Q R
S T U V W X Y Z
 
Colorless Near
Colorless
Faint
Yellow
Very Light
Yellow
LIght Yellow Fancy Yellow
無色 ほぼ無色 わずかな黄色み ライトイエロー
クラリティ(Clarity:透明度、透澄度)
磨かれたダイヤを専門家が10倍に拡大し検査してインクルージョン(包有物)の有無、位 置、大きさ、性質、数、色を総合的に判断してクラリティーの評価は行われます。
FI(フローレス)→10倍の拡大で無傷、IF(インターフローレス)→10倍の拡大で発見困難な極く微少な欠点、VVS1.VVS2→10倍の拡大で発見が困難な微少の欠点、VS1.VS2→10倍の拡大で発見が多少困難な欠点、SI1.SI2→10倍の拡大で発見が容易だが肉眼での発見は困難な欠点、I1.I2.I3→肉眼で容易に発見出来る欠点。
 
内部特徴と外部特徴によりFL(フローレス)からI3の11段階に分類されます。
GIA基準
FL IF
Flawless
Internally Flawless
VVS
Very Very Slightly
1 2
VS
Very Slightly
1 2
SI
Slightly Included
1 2
I
Imperfection
1 2 3
備考 十倍の拡大で無傷(FL)十倍の拡大で微妙な表面 の欠点 十倍のルーペで拡大して発見が困難なわずかな欠点 十倍のルーペで拡大して発見が多少困難な欠点 十倍のルーペで拡大して発見が容易、肉眼では困難 肉眼で容易に発見できる内包物を含む
【鑑定書:グレーティングレポート】
ダイヤモンドグレーティングレポート プロポーションレポート(3EXのみ)
↑画像をクリックすると別WINDOWで拡大画像がご覧いただけます。↑