一般的に流通しているホワイドゴールドジュエリーは、ほとんどと言っていいほどロジウムメッキが施されています。
皆さんがホワイトゴールドの色と信じている白い色は、実はロジウムの色なのです。
 
■海外 18金ホワイトゴールド(ニッケル割)
金75%+銀15%前後+ニッケル10%前後の割合
 
イタリーなどの18金製ホワイトゴールドの割合。素の色はかなり黄色っぽい白。
はじめは白いが時間がたつとかなり黄色っぽくなります。
ニッケルが含まれてますからアレルギーやかぶれを起こしやすくなります。
■国産 18金ホワイトゴールド(パラジウム割)
金75%+銀15%前後+パラジウム10%前後の割合
 
最近の国産の18金ホワイトゴールドはこのタイプです。
日本ではアレルギー対策のためPL法に基づき近年はニッケルがパラジウムに変わりました。
素の色はやはり黄ばんだ白い色ですが、 国産のものは変色防止と表面を白く見せるためと表面 を硬く仕上げるために、 ロジウムメッキがかけられており、 メッキがはげると素の黄ばんだ白い色が出てきます。
 
摩擦された部分からロジウムメッキがはげ、 ホワイトゴールド本来の少し黄ばんだ白い色が見えてくるようになりますが、 再度、ロジウムメッキを掛け直す事により、新品当時の色を取り戻すことが出来ます。
 
当店で御購入したホワイトゴールド喜平について
当店で御購入したホワイトゴールド喜平について 再ロジウムメッキをお受けいたします。
料金は2000円〜3000円程度で御座います。
商品により、多少の工賃の差が御座いますので、その際には、お気軽にお問い合わせ下さいませ!